時短!ミルク作りの必需品「調乳じょーず」

調乳じょーず 小ネタ集
スポンサーリンク

ドラゴン家における便利育児グッズの一つに、調乳ポットがあります。
今回は、ドラゴン家で使用しているCombiの『調乳じょ~ず』と、ミルク作りフローについて紹介したいと思います。
調乳じょーず

役立ちポイント
  • ヤカン等で沸かしたお湯を入れると、70℃でキープしてくれる
  • レンジ対応なので、水を入れてレンジで温めも可能
  • スイッチON/OFFしかないので操作簡単
  • 毎回お湯を沸かさなくても良いのでミルク作りが捗る

リンクはこちら↓

Amazon.co.jp: コンビ 調乳じょ~ず 70HW: ベビー&マタニティ
Amazon.co.jp: コンビ 調乳じょ~ず 70HW: ベビー&マタニティ

ミルク作りでは、一旦熱めのお湯でミルクを溶かしてから、その後40℃まで冷やす必要があるため、地味に時間がかかります。双子の場合2回その作業が発生するので尚更です。

以前は電気ケトルでお湯を沸かして、ミルクを溶かしてから、ベビー用水を入れて適量にし、熱ければ氷水で冷やすようにしていましたが、この調乳じょーずを使えば、常に70℃のお湯をキープしてくれているので、沸かす必要がないのと、冷えるまでが早いというメリットがあります。

調乳じょーずに水を入れてレンジで温めてセットする方法もあるようですが、我が家では電気ケトルで沸かしたお湯を調乳じょーずに入れて、スイッチを入れたまま放置しています。そうすると、70℃くらいまで冷めたらそこで保温してくれています。

最後にドラゴン家のノウハウを紹介して終わりたいと思います。

ケース:授乳10分、ミルク100ml、夫婦で対応する場合

フロー NAO Dragon
1 息子1オムツ替え 息子2オムツ替え
2 息子1 授乳10分

ミルク2人分作る※1

3 息子2 授乳10分 息子1 ミルクとゲップ
4 息子2 ミルクとゲップ 哺乳瓶洗浄と煮沸

※息子1用は適温に、息子2用は熱めに作るのがポイント

このフローが完璧に行えれば、45分くらいで完了します。
しかし、現実は甘くないので、途中息子1が大量に吐き戻したり、息子2がニコニコ笑いながら全く飲まなくなったり、別室で寝ている娘が発狂したりと、なんだかんだ1時間くらいはかかってしまいます。

以上、今回は我が家の便利グッズ「調乳じょーず」の宣伝でした。

タイトルとURLをコピーしました